スワットカメラ -blog-

スワットカメラにようこそ!!
スワットカメラは、弊社の営業や技術スタッフが、販売店の皆さまやお客様とお仕事させていただいたときの"こぼれ話"を中心に、弊社がある京都での話題などをブログ形式で掲載していきます。
どうぞ、末長くご愛読いただけますようお願いします。

5月21日は金環日食。京都でも観測できるかな?

2012年5月16日

ご存知かと思いますが、5月21日に日本各地で「金環日食」が起こります。

 

全国で部分日食を見ることができるほか、九州地方南部、四国地方南部、近畿地方南部、中部地方南部、関東地方など広範囲で金環日食を見ることができるそうです。

 

この観測は、日本の陸地に限ると、1987年9月23日に沖縄本島などで見られた金環日食以来25年ぶり。日本で広範囲に起きるのは932年ぶり、日本の本州では129年ぶり。次回も、北海道で見られる金環日食が18年後の2030年6月1日。今回のように本州で広く見られるのは、およそ300年後だとか。どうやら今回は、非常に珍しい観測らしいです。

 

京都では、朝6時17分41秒から日食が始まり最大時7時30分35秒。8時55分17秒には終わります。最大94%の日食。思いっきり通勤時間ですが観測出来るかな。

 

東京・静岡・京都・高知・鹿児島などは、「中心食帯」と言われる地域になり、太陽の前面を月が通過するために、食が最大になる前後には、太陽がドーナツ状になる様子を観察することができるそうです。
ただ、辺りが暗くなって星が見えるような…そんな暗さにはならないようで、1時間程度かけて暗くなり明るくなるため、慎重に観察してないと気付かないとか。

 

「直接、肉眼で太陽を見たりするのは目を痛める恐れがあります」とのことで、観測するにはそれなりの対応が必要になるようです。

 

少し早目に出勤して、観察してみましょうか。
もう生きてるうちに観察出来ることは無いかもしれませんよ。

 

画像は、5月21日の日本国内の観測マップです。

 

ご興味のある方は、以下のサイトをご確認くださいね。
http://naojcamp.mtk.nao.ac.jp/phenomena/20120521/
© 国立天文台

------------------------------------------------------------------------------------------------
Copyright(C) 2012,2018、スワットブレインズ 掲載記事の無断転載を禁じます。

社内からの送信メールの記録ってちゃんと見られますか?

2012年5月14日

PacketBlackHoleを以前から利用していただいているお客様先での話し。
導入後、5年が間も無く経過するために、PacketBlackHoleの入替えの打合せでお
伺いしました。
これまでは、社内からのインターネット通信の記録を証跡管理されていましたが、少し前からメールの通信経路を変更されたことで、メールの送受信記録についてもPacketBlackHoleで記録されていました。

 

打合せの席上、「メールも記録してるよ」というお話しを伺い、メールの送信記録について聞いてみました。
「貴社では、添付ファイルの暗号化を推進されていますが、運用状況はどうですか?」と。そしたら、「ほぼ全員ちゃんとやってると思いますよ。」と。さすが有名な企業のみなさんです。そこで「では、メールの送信記録のチェックとか監査とかされてますか?」と聞いてみたところ、「まだ必要になったこと無いから実際にはやってないかな。」とのこと。
「でも、メールの保存はチェックのために実施してるんですよね?」と聞いたところ「そうですよ。」とのお答え。「そしたら、送信メールを見ることになったら、ちゃんと見られますか?添付ファイルは、開けます?」と聞いてみた。
「ちゃんと見られると思いますよ。」とのことだったので、「それなら良かったです。」とお伝えしました。すると担当者の方から「どうしてそんなこと聞くの?」と聞かれましたので「いや、メール送信者の方が送るファイルを端末で暗号化されて添付された場合、送信メールの保存データにある添付ファイルは、解凍パスワードが判らずに開くことが出来ないケースが多いので、貴社はどうなのかと思いました。」とご説明しました。

 

担当者さんは、「えっ?」と言った後、うつむいて考え事をされているようでした。

 

その後「もしかしたら、添付ファイルは開けないかもしれない。わーヤバイなぁ」と。

 

safeAttach EvolutionPacketBlackHoleを組合わせて使っていただくと、この課題は解決できます。

 

ご覧になっている貴社のメール保存の仕組みは、添付ファイルまでちゃんとチェックできますか? 大丈夫ですか?

------------------------------------------------------------------------------------------------
Copyright(C) 2012,2018、スワットブレインズ 掲載記事の無断転載を禁じます。

モデルさんの写真とかヤバイでしょ。

2012年5月11日

某大手の編集会社さんでの話題です。
有名なモデルさんを誌面に掲載する際には、当然プロカメラマンさんがスタジオで撮影をされます。そこは、編集会社さんの社内のケースは少なく、専用のスタジオだったり、ロケ先だったりします。その撮影には大きな費用がかかっています。
プロのカメラマンが使う最近のカメラは、デジタル化されているそうですが、1枚の写真の品質を上げると、1枚であってもデータ規模としては数十メガから数百メガバイトにもなるそうです。
この撮影したデータは、これまではCD-ROMやDVD-ROMなどに現場で作成して保存した媒体を宅急便で送ったり、或いはメモリ媒体を宅急便やバイク便で送ったりしているそうです。これまで、その媒体を紛失したり、届いた媒体が読み込めなかったりの経験もあるし、でもメールの添付だと大きすぎて送れない。無料のオンラインストレージサービスだと、著作権と費用がかかっている写真データを預けるのが心配だ。との話し。

 

デジ急便をご紹介しました。

 

デジ急便は、Webベースで動作するので、カメラマンが使っている端末の種類が、WindowsでもMacintoshでも端末は選びません。そして、なによりフリーのカメラマンのように一時的な仕事の相手からのデータ送信であっても簡単に利用できます。
大容量の写真などの画像データを安全に早く編集部門に送るには、媒体搬送のリスクや時間と費用、データの読出し懸念を考えると、安全で早くて安心にデータを受取れる仕組みは重要です。
こっちから向こうにデータを送るのなら、こちらのポリシーで管理できますが、相手からこっちに送ってもらう時に、こちらのポリシーを理解してもらうのは困難だったりしますが、デジ急便であれば追加の費用や運用管理をしなくても利用出来ます。

------------------------------------------------------------------------------------------------
Copyright(C) 2012,2018、スワットブレインズ 掲載記事の無断転載を禁じます。