企業のセキュリティ対策なら

スワットブレインズ

製品情報

safeAttach

メール送信の『お作法』を自動化

safeAttach はメール送信の『お作法』を自動化する仕組みを提供します。
電子メール送信時の課題を解決し、新しい働き方に対応出来ます。

メール送信の「お作法」とは

これまでの「お作法」
  • 誤送信対策:宛先間違い
  • 複数宛先漏えい対策
  • 添付ファイル処理
  • 宛先ごとの配慮対応
  • メール本文内容チェック
  • 第三者メールチェック
最近、配慮が求められる「お作法」
  • 受信相手のデバイス対応

    ※ iOS、スマホでメール

  • モバイル環境対応

    ※ 添付ファイル受信でパケット通信超過

  • 既存を否定する意見対応

    ※ZIPファイルファイルの運用

解決できる課題

PPAP対策

パスワード付ZIPファイル送信と解凍用パスワードメール送信をやめる

平井デジタル改革担当相:2020年11月17日の定例会見で、中央省庁の職員が文書などのデータをメールで送信する際に使うパスワード付きzipファイル運用を廃止する方針

その他、国内のセキュリティ著名人、大学教授などが同様の意見を後押しする状況。今後、省庁や自治体が同運用を廃止し、大手企業も追従される流れがある。パスワード付ZIPファイルが添付されたメールを受信しない企業も増えている。
手元で「パスワード付ZIPファイル」を加工する手間や、その作業を ”面倒くさい…”やらない。…など、組織として、統一運用する課題も指摘されていた。

誤送信対策

万が一の「宛先間違い」「メール内容誤記」など、送信メールをキャンセルしたい時に可能とする

誰もが”1度は”経験したことがあるメール誤送信(?)

  • メーラーの便利機能のため、似た名前の相手アドレス自動入力されたことに気付かず、別人にメールを送った
  • メール本文を書いている途中で、誤操作によりメールを送った
  • 添付すべき文書や資料を間違って送ってしまった

メール誤送信は、セキュリティインシデント となります
メールの内容や添付ファイルの内容によっては、

  • 企業(組織)として謝罪対応、賠償補償対応
  • 取引先に迷惑をかけてしまい、謝罪・補償対応
  • 社会的な信用の失墜などによる業績悪化

…など、ケースによっては甘く見られないインシデントです

メール受信者に配慮した送信

パスワード付ZIPファイルを「解凍」出来ない端末でメールを受信、スマートフォンで受信…という新しい働き方環境に対応する

コロナ禍の中、新しい働き方が進みました。その結果、仕事席でLANケーブル経由の通信でメール読み書きする…の時代から、在宅・屋外でモバイル回線英湯でメール読み書きする。さらに、Windows系端末だけでなく、iOSやAndroid版などモバイル端末が増えた。結果、ZIPファイルが解凍出来ない。添付ファイル受信で、大量のパケットを消費する…など、メール受信側の環境が変化している。

メール受信者側に「配慮」が必要な時代になったと言えます

  • パスワード付ZIPファイルが添付されたメールは受信しない
  • 公共系組織向けは、パスワード付ZIPファイルを送信しない
  • 在宅、テレワーク推進企業向けに、添付ファイル付きの容量が多いメールを送ると、受信側は、通信データ消費や時間消費に困るケースがある

safeAttach の詳細機能

簡単・確実にメール暗号化を実現

簡単・確実にメール暗号化を実現

送信者はメールに添付ファイルを付けて送るだけ!サーバ側で自動的に添付ファイルやメール本文を確実にZIP暗号化!もちろん復号パスワードもsafeAttachが自動生成します。生成するパスワードは「ランダム」と「固定」の選択が可能です。

宛先間違いメールを防ぐ

宛先間違いメールを防ぐ

safeAttachでは、パスワード送信時の確認を行うことができます。万が一宛先間違いで暗号化ファイル添付のメールを送信してしまっても、復号パスワード送信をキャンセルすることで暗号化されたファイルを復号させません。

メール保留

メール保留

メールの保留、管理を行う「メール保留機能」により、メール本文内に書かれてはいけない情報や、宛先間違いがあった場合にもメール送信をキャンセルすることが可能です。メール誤送信対策として効果を発揮します。

第三者によるメールのチェックが可能に

第三者によるメールのチェックが可能に

保留されたメールを送信者以外の第三者によりメール確認、管理を行うことが可能です。この機能により、簡易的な「メール検閲」「第三者承認」が実現できます。誤送信対策の強化、抑制効果が期待できます。
また、メールチェックを行う確認画面は、PC版に加え、スマートフォンにも対応!

※ safeAttach EVS では提供されません

大容量添付ファイルの受け渡しを実現

大容量添付ファイルの受け渡しを実現

これまで、受信者側のメールサイズ制限などで送信することの出来なかった大容量ファイルの受け渡しが可能になります。また、ダウンロード待ちのファイルは、ユーザーから制御することができ、添付間違い等の誤送信対策に力を発揮します。

柔軟なルール設定

柔軟なルール設定

柔軟なルール設定

safeAttachは様々な条件を元に柔軟なルール設定が可能です。条件として、送信者・宛先・メールヘッダー情報・To/Ccの件数・メールサイズ・添付ファイル名・IPアドレスを条件に暗号化アクションやメール送信制御を行います!
ルールはコピーして作成することができ、インポートやエクスポートも可能です!

※ safeAttach EVS では提供されません

国際化対応

送受信者に送信される通知メールや暗号化ZIP内のファイル名、ダウンロード時におけるファイル名を多言語対応しました!
また、すべてのWeb画面が日本語と英語表記に対応していますので、海外での利用も可能です。

本文暗号化にも対応

本文暗号化にも対応

添付ファイルだけではなく、本文を含む暗号化に対応!また、より強度の高い暗号化アルゴリズムである「AES 256-bit」での暗号化に対応しており、送信メールごとに目的に合わせた暗号化方式を選択できます。

※ safeAttach EVS では提供されません

強制Bcc化でメールアドレス漏洩を防ぐ

強制Bcc化でメールアドレス漏洩を防ぐ

ルール設定条件を元にToやCcのアドレスを強制的にBcc化することにより、Bccすべきメールアドレスの漏洩対策を実現いたします!

グループ会社、部署事にルールの運用・管理を委譲可能

グループ会社、部署事にルールの運用・管理を委譲可能

グループ企業、部署毎にルール管理の権限を委譲することができます。更にクラウド環境やサービス事業者様においては円滑な運用を行うことが可能となります。safeAttachのグループ化機能では、管理・機能は完全に分離され、独立した動作・管理を実現します。

※ safeAttach EVS では提供されません

製品の見積依頼、或いは、製品に関するお問い合わせ窓口

スワットブレインズ株式会社 ソリューション営業部
safeAttach 製品担当

075-211-9480

sales@swatbrains.co.jp

本製品に関する仕様、価格などは、2021年10月1日現在となります。予告なく変更となる場合があります。
株式会社オレンジソフト、関連ロゴ、safeAttach は、株式会社オレンジソフトの商標 または登録商標です。
本製品が搭載する、safeAttach ソフトウエアは、株式会社オレンジソフト から提供される製品となります。
また、safeAttach 製品に関する詳細な機能や最新の仕様については、開発元の情報をご確認ください。