スワットカメラ -blog-

スワットカメラにようこそ!!
スワットカメラは、弊社の営業や技術スタッフが、販売店の皆さまやお客様とお仕事させていただいたときの"こぼれ話"を中心に、弊社がある京都での話題などをブログ形式で掲載していきます。
どうぞ、末長くご愛読いただけますようお願いします。

大学での電子ファイル運用も大変だ!

2012年6月4日

大学の先生と電子ファイルの運用について打合せをしていた時の話です。

 

大学の授業などで、生徒さんが先生に提出する色々な提出物を作成する際には、例えば、WordやPowerPoint、Excelなどのような電子ファイルで作成するようなことが多いそうです。
或いは、デザイン系であれば、Adobe PhotoshopやAdobe Illustratorなどでの制作物を提出するようなことも。

 

お話しをしていたのは、工学部系の先生でしたが、その先生のゼミの生徒さんが実験結果を写真やグラフ、或いは実験のデータをまとめて提出されると、電子データのサイズが、数メガから数十メガのサイズにもなるとか。それを、多くの人数の生徒さんがどうやって提出しているのか。

 

先生の話では、出来れば先生のメールアドレスに添付ファイルとかで送付する方法が良いらしいけど、それでは先生のメール受信ボックスの容量がいくらあったも足りない!そこで、学校としてUSBメモリを配布してそれに入れて学校に持参し特定のPCにコピーするようにするとか。それでも、USBメモリを紛失したりして重要な情報(研究内容など)が漏れる可能性があったり、或いは、家庭のPCからウイルス感染したファイルを持ちこまれたり。いつもトラブルと背中合わせだとか。USBメモリを購入して配布するコストも相当な金額になると聞きました。

 

そこで、当社では、デジ急便システムの大学モデルを提案しました。

 

デジ急便システムは、大容量のファイルを配送するシステムとして、ファイルを高速処理するだけでなく、容量もギガバイトも対応できるので、大学で使うデータサイズでも問題無し。さらに、生徒さんの人数の増減や入学・卒業などに応じた利用者登録をせずとも使えることで「ライセンス課金」の考え方を必要としないことでコストも安くできます。

 

今や大学での電子データの運用を考える時には、データ(ファイル)サイズを気にする時代。当社のデジ急便の大学・専門学校モデルを是非ご活用ください。

------------------------------------------------------------------------------------------------
Copyright(C) 2012,2018、スワットブレインズ 掲載記事の無断転載を禁じます。

これは、カッコいいな!

2012年5月31日

無線LANの話しになった時です。
まだ、弊社でLAN Sheetの取扱いをはじめたばかり。どんな風にお客様や販売店様に紹介したら良いだろうか?と、思案していたころでした。

 

LAN Sheetってさ、カッコいいな!

 

カッコいい?どこが?そんな思いを最初に持ちました。
その方は話を続けてくれました。

 

ITの機器とか、例えばネットワーク機器って何も特色が無いっていうか、まぁ特色が必要でも無いかもしれないけど、単なる箱みたいなもんでしょ。
だけど、LAN Sheetは、この180センチの板なんだ。そして、黒に近い色で塗られていて、メッシュの柄があるようにも言える。

 

例えば、高級ブランドショップの店内で、常連のお客様向けの新製品の紹介をするようなカウンターテーブルの上に設置して、お洒落な店員が、iPadなどのタブレット端末に店に来たお客様限定のサービスや商品紹介、或いは、その端末からアンケートなどを依頼して、抽選で限定コンテンツを進呈する。そんなことが出来る。今だと、表通りの路面店で、無線LAN機器を部屋の隅っこにおいても、よくあるクリーム色の機器の箱は、黒基調のお洒落な店内に合わないし浮いてしまう。置いたとしても、電波が店の外まで飛び出して限定コンテンツのサービスなどが難しい。LAN Sheetだったら、店員の案内するテーブルの上だけ。店の中だけでコンテンツが利用できるから安心。そして、見た目も黒でカッコイイ。

 

LAN Sheetは、カッコいい!って売れるんじゃない?と。

 

それから、LAN Sheetは「カッコイイ!無線LANの構築はお任せ!」となりました。

------------------------------------------------------------------------------------------------
Copyright(C) 2012,2018、スワットブレインズ 掲載記事の無断転載を禁じます。

添付ファイルの暗号化対応はどうやってる?

2012年5月28日

PacketBlackHoleをご利用いただいているお客様先で、メールのアーカイブの話題になりました。現在は、メールの送受信についてPacketBlackHoleでアーカイブを取りながら、メールの監査チェックを行う運用だそうです。

 

このような利用モデルは、PacketBlackHoleをお使いいただいている多くの事例にもなっているケースなのですが、その話題の延長で弊社が運用されている電子メールの添付ファイルの運用についてご紹介しました。

 

お取引先へのメールに添付ファイルをつけて送ることがあるかと思いますが、そんな時添付ファイルの暗号化とか実施されていますか? という内容。

 

そのお客様では、そこまではやってない。というお答えでした。
検討されるご予定はありませんか? と伺ったところ、

 

他社ではどんな風にされているの?という逆質問。

 

多くの場合は、クライアントPCに何らかのファイルを暗号化、又はパスワード付ZIP化変換ソフト等をインストールされ、メール送信者の方に「暗号化して添付するように」という運用ルールを徹底されているようです。しかし、残念ながら100%の暗号化を実現するのは難しくて、場合によっては50%以下と伺ったこともあります。と、ご案内しました。そうだろうな、面倒になるよ。自分でもそう思う。という話しになりました。

 

そこで、safeAttach Evolution システムをご紹介しました。
そして、safeAttach Evolution が、PacketBlackHole との組合せでは非常に効果的でメール送信者の方の手間をかけずに暗号化100%を実現できることをご提案しました。

 

これから添付ファイルの暗号化対応するには、こういうのが良いな。と言っていただけました。

------------------------------------------------------------------------------------------------
Copyright(C) 2012,2018、スワットブレインズ 掲載記事の無断転載を禁じます。