スワットカメラ -blog-

スワットカメラにようこそ!!
スワットカメラは、弊社の営業や技術スタッフが、販売店の皆さまやお客様とお仕事させていただいたときの"こぼれ話"を中心に、弊社がある京都での話題などをブログ形式で掲載していきます。
どうぞ、末長くご愛読いただけますようお願いします。

東海道新幹線とイーモバ回線

2012年5月24日

東京・新大阪間の東海道新幹線では、N700系と呼ばれる主に「のぞみ号」として運転されている車両に乗ると、車内で無線LANを利用する環境が提供されている。
そして、一定の手続きと条件が揃っていたら、新幹線の中で無線LANを経由してインターネットに接続が出来る。

 

そのため、該当する新幹線を選んで乗る人が居たり、それを前提に新幹線の中を仕事する場所として活用しているビジネスマンもいると言います。

 

仕事で、N700系型の新幹線に乗り無線LANを経由してインターネットに接続すると確かに便利に使えるし移動時間が有効にはなります。

 

しかし、仕事以外の目的でも利用する人がいることで、きっとN700系型新幹線の車内では無線LANの帯域が相当混み合ってると思います。
最近では、メール1通送るのが相当遅かったり。

 

 

そこで、私は業務用として利用しているイーモバイルのPocketWI-Fiを新幹線の中でも使うことがあります。高速移動する新幹線では、イーモバ回線は途切れがちでスムーズではありませんでした。しかし、全然つながらないN700系型車両の内部無線LANよりは良いかもしれない。という感覚でした。

 

ところが、最近気付いたのですが東海道新幹線の京都・東京間では、イーモバイルのPocketWI-Fiのアンテナ感度が常に2~3本あり切れなくなりました。
トンネルの中でも、大きな橋を渡っても、連続する山間でも。

 

いつのまに?って思いましたが、お陰で多少は快適にネットにつながるようになりました。これは便利です。

 

早く、新大阪・博多間の山陽新幹線エリアでもそうなればいいんだけどな。

------------------------------------------------------------------------------------------------
Copyright(C) 2012,2018、スワットブレインズ 掲載記事の無断転載を禁じます。

「金環日食」はご覧になりましたか?

2012年5月21日

朝から、テレビのワイドショーもラジオの番組でも「金環日食!」って話題ばかりでしたね。私の個人的なFacebookでも、多くの友達が朝から観測された様子を紹介されていました。

 

京都市では、朝6時17分41秒から日食が始まり最大時7時30分35秒。8時55分17秒の予定でした。そして、京都市内ではわずか1分間程度の”金環”状態でした。
京都市内が、なんとか金環状態を観測できる北限だったそうです。

 

 

皆既日食みたいに周囲が暗く星や月が見えるような状態ではありませんでしたが、それでも最大日食の時間は、夜明け前の明るさ位には落ちたように思いました。

 

京都の会社のある場所では、天候は晴れ。薄い雲があるような状態でしたが太陽の姿をそのまま見ることはできました。

 

私は観測するための道具や準備をしていなかったので、肉眼で空の太陽をチラチラ見ながら、輝く太陽の中を僅かに黒い影が存在するのを見てました。
それと、太陽に背を向けて太陽に照らされているビルのガラスに反射した太陽を見る方法で見てました。これだと、ガラスに映る太陽は姿がはっきり見えました。

 

もう我々が生きている間には、日本で観測することは難しい”金環日食”でした。
素敵な天体ショーでした。

 

みなさんは、観測できましたか?

------------------------------------------------------------------------------------------------
Copyright(C) 2012,2018、スワットブレインズ 掲載記事の無断転載を禁じます。

情報セキュリティEXPOは大賑わいでした。

2012年5月18日

去る2012年5月9日(水)~11日(金)に、東京ビックサイトにて第9回 情報セキュリティEXPO(春)が開催され、当社ではPacketBlackHole、OnePointWall製品の開発元である、ネットエージェント社のブースにいました。

 

この展示会は、他にも数多くのテーマがある”複合展”であるために、セキュリティに興味がある人だけが来られるものではありません。
そのため、言葉や認識が合わない人も沢山いらっしゃいます。

 

それでも、IT関連展ですのでセキュリティに関心が全然無い訳では無いと思われますので、ブースキーワードを基本に多くの方とご挨拶しました。

 

 

ネットエージェント社ブースでは、”標的型メール攻撃の対策製品『防人』“のデビューもあり、キーワードは”標的型攻撃対策”でした。
杉浦社長が「実際の標的型攻撃をするところをお見せします!」という刺激的なデモ実演を大型モニターの前で。exploitコードを作るツールを生で見せて、端末やサーバを遠隔地から操作するコードを作成したり、キーロガーを仕込むところを見せたり。そして、その不正プログラムを実際にデモ用ユーザに送って仕込み、遠隔操作の様子を紹介していました。

 

標的型攻撃…って言葉は知っていても「実際の中身とその攻撃実態」を知る人はほとんどいない。そのためセキュリティ対策を導入する動機というか理由を納得しずらいとも言える。特に、標的型攻撃って、予告される訳でも無いし、これが攻撃です…って教えてくれるものでもない。100万通に1通自分に来るか来ないかすら判らないものだし、誰だって送りつけられたら添付ファイルを【クリックしない自信なんて無い】ものだ。

 

だからこそ、仕組みや仕掛けで何とかしたい訳だけど、既存の入口対策製品では対処が出来ない。攻撃者の巧みな準備は、既存のフィルタにヒットしないように準備されているから。これは、本当にやっかいです。

 

多くの来場者の方と色んなお話しをさせていただきましたが、これから本格的な対策手段の選択と検討になるところが多い様子でした。

 

弊社では、”標的型メール攻撃の対策製品『防人』“をオススメします!!

------------------------------------------------------------------------------------------------
Copyright(C) 2012,2018、スワットブレインズ 掲載記事の無断転載を禁じます。