スワットカメラ -blog-

サーバ製品のハードウエア保守は最長5年間です。 

2012年11月26日

弊社の一番長いお付き合いをさせていただいているお客様は、10年を越えます。

 

そして今でも弊社製品をご活用いただいております。
しかし、このお客様もハードウエア機器は2回入替えていただいております。

 

弊社がご提供しているサーバ搭載型の製品は、ハードウエアの最長サポート期間を5年間でご案内しております。

 

これは、製品を出来るだけ安定した状態でご活用いただきたいことが理由の一番になります。

 

残念ですが、どうしてもハードウエアに故障は付きものです。
もちろん、出荷前には慎重にテストを実施し、ハードウエアの情報には事前に対応をしようと心がけていますが、実際のお客様の環境では24時間止まることなく何年間も運用されます。

 
そうなると特にハードディスク部品などは、部品として見ても故障レベルにばらつきがありますが、良品への交換が必要になってしまう場合もあります。

 

万が一、1台のハードディスクが停止しても製品としての運用が停止しないように、原則的にはRAID構成など冗長化構成として提供しておりますが、それでも部品交換は必要になります。

 

また、それ以外の搭載部品についても、部品メーカが開発を中止したり製品の販売を終了する場合もあり、お客様のサーバハードウエアを常に同じレベルでサポート維持することが難しくなる場合もあります。

 

最近では搭載しているハードウエア部品の中にソフトウエアが組込まれている部品もあります。
これはハードウエア制御を一部ソフト的に実施している仕組みのようですが、周期的に内蔵のハードウエア制御用ソフトウエアがアップデートされることもあります。

 

このような背景を受け、弊社ではハードウエアのサポート期間を最長5年間としてご提供して

おります。

毎年、保守サポートの契約更新時期には弊社から更新のご案内をしております。

 

最終5年目の更新手続きの際には、1年後の製品入替えについてご検討をいただき、継続的なご利用をいただくためにもご予算を確保いただけますようお願いします。

 

 

 

(Vol.67)

 

 

 

 

------------------------------------------------------------------------------------------------
Copyright(C) 2012,2020、スワットブレインズ 掲載記事の無断転載を禁じます。