スワットカメラ -blog-

通信元が判らないTor(トーア)対策は、OnePointWallで出来ます。

2013年2月12日

連休の後半に、テレビニュースで話題になった「Tor(トーア)」というソフト。

 

これは、やっかいなソフトウエアです。

 

Tor というソフトは、通信の匿名化を実現してしまうソフトとして、既に多くのメディアで報道されています。

 

ニュースで報道されている、事件の容疑者と呼ばれている人は、これを、派遣先の会社のパソコンからの操作ツールとして使ったそうです。

 

このTorと呼ばれるソフトウエアの通信ですが、実は、弊社が提供している OnePointWall で遮断できます。

 

OnePointWall は、情報漏えい対策として、非常に多くの企業や団体で導入され現在もご好評をいただいております。

 

OnePointWall が実現する通信遮断と検知については、これまでは内部から外部への情報漏えいを防止する…という目的が主になっていました。

 

しかし、今回の報道で明らかになったのは、業務で使っているパソコンを用いて、外部のパソコンに対する遠隔操作が行われたことでした。

 

そして、注目すべきは「業務利用目的のパソコンが犯罪に使われた」という点です。

 

企業や団体は、内部のネットワークで利用するパソコンの通信が、本来の目的以外の利用が出来ないように、インターネットの出口であれこれフィルタ機能を設置して、社内のパソコン利用者に対して、出来ないことを意識付けるようなことを実施していたりします。

 

しかし、Torの通信は、これらでは十分に見つけることができませんでした。

 

OnePointWall では、2008年から、Torの通信について注意を促すとともに、内部から外部に対して、Torの通信が発生した時点で、その通信を遮断・検知しています。

 

利用目的に合わない内部パソコンの使い方。
ましてや、犯罪目的とも言える使われ方は、企業としても重大な課題です。

 

是非、情報漏えい対策だけでなく、犯罪にも使えるようなソフトウエアの検知と通信の遮断、目的外のパソコン利用を抑制するために、OnePointWall の導入をご検討ください。

 

**** ご紹介製品 : OnePointWall

 

※Webサイトに掲載していない製品については営業までお問合せください。

 

(Vol.81)

------------------------------------------------------------------------------------------------
Copyright(C) 2012,2020、スワットブレインズ 掲載記事の無断転載を禁じます。