スワットカメラ -blog-

無線LANを上手に使い分けて利用する。

2012年10月25日

事務所のレイアウト変更や、新しいオフィスの開設。
さらには、業務効率の改善や新しいシステムと端末の導入。

 

そういうタイミングで今は無線LANの環境を整備されることが多いようです。

 

お客様と色々な話題で会話をする中でも、無線LANとタブレット端末の業務利用の話が良く出ます。
或いは、業務で利用していたPC端末を、従来のデスクトップ型からノート型に変更して、自席での仕事だけでなく、ミーティングや来客時の商談などに持ち回って利用することも想定されているようです。

 

タブレット端末であれば、もちろんLANケーブルが使えません。

 

ノートPC端末でも、移動した先の場所に全ての端末用にLANケーブルを準備するのは設備準備としても大変です。

 

ペーパーレス化の推進となると、会議やミーティングに参加する人の大半がノートPC端末を持ってきたりすると、一体何本のLANケーブルを準備する必要があるのか・・・現実に考えると無理です。

 

そういう背景もあって、無線LANを活用しよう!となるのだと思います。

 

これは当然です。
地味なことですが、LAN線を配線したり設備を整えるのは実はコストが掛かります。さらに、LANケーブルの端子のピンが折れたら終わり。
そのケーブルを、また交換して配線する必要もあります。
もう、こんなことをしていたら、担当者さんは自分の本来の仕事が出来なくなります。

 

そして、無線LANが必要になります。

 

さて、ここからです。

 

無線LANを導入する際に、どんなことするでしょうか。
無線電波のエリア設計をすれば終わり…では無いです。

 

無線LANを使う場所にもよりますが、ビルなどであれば隣接するビルからの飛来する外来電波。或いは、上下のフロアからの外来電波との干渉。

 

最近の無線LAN機器は性能が飛躍的に向上し、100M先でも通信が出来ます。
逆に言うと、自社の電波も100M先まで出ている。そして、外来電波も100M先の電波が入ってくる。となります。
そうすると、限られた無線電波チャンネルの取りあいになってしまいます。

 

また、目に見えない電波だからこそ、接続する端末を認証することが重要になり無線環境に接続するための認証システムが必要になります。

 

こういう設備整備が割と大変だ。と、担当者の方に伺うことが多いです。
さらに、意外と電波が安定してつながらない。気付くと切れてる。という話しも伺います。

 

こういう時は、LAN Sheet がオススメです。

 

ここは途中で途切れて欲しく無い!
ここは機密や重要な情報(コンテンツ)を利用する!
そういう場所で無線LANを活用したい時は、LAN Sheet です。

 

LAN Sheet は、設置した場所から1M程度しか電波が届きません。
しかし、その範囲の中では干渉することもなく安定しています。

 

電波範囲が限られているので、予定外の端末に無線アクセスされる心配も少なくなります。

 

LAN Sheet を利用上では高価な認証システムも必要ありません。

 

広域に電波に流しても良いコンテンツ。
アクセスする人を限定したいコンテンツ。

 

そういう無線LANを使った利用を見越して適した無線LANを選ぶのがこれからの無線LAN環境構築のキーワードになります。

 

(Vol.58)

------------------------------------------------------------------------------------------------
Copyright(C) 2012,2020、スワットブレインズ 掲載記事の無断転載を禁じます。