スワットカメラ -blog-

クラウド・仮想化サービスでも! アプライアンスサーバでも!

2012年7月23日

迷惑メール対策、スパムメール対策… もう、大抵の企業や学校では、当り前のように実施されているであろう対策。

 

そんな風に考えていましたが、実はまだまだ方法を検討されていたり、或いは現在使っている対策製品に対する、不満とか改善要望等への対応の悪さなどがきっかけになったりして、新しい製品への入替えを検討されているようです。

 

弊社にも、全国のお客様や販売代理店様などから、SPAMBlock製品について問合せをいただいております。

 

そんな問合せの中でも多い点についてご紹介しておきます。

 

・クラウド環境で使えますか?

・仮想化環境で使えますか?

 

お答えとしては「はい、使えます。」です。

 

BCPの観点などから、従来の社内(手元)に機器を置いて運用する環境から、少々費用が増えたとしても、堅牢なデータセンター環境への移行を進めるお客様が増える中で、弊社へのお問合せが増えているのは、上記の内容。

 

よほど特殊な基盤環境で無かったら、大丈夫です。

 

また、弊社が提供するSPAMBlockアプライアンスサーバのハードウエアについても、ご質問をいただきます。

 

・ハードウエアのサポート期間はどれくらい?

・実装している部材の対応は問題無いの?

 

弊社の提供するサーバ・ハードウエアは、特殊な事情が無い限りは5年間のサポートを提供します。搭載しているCPUなどの部品レベルからサーバ専用タイプのMTBF120万時間をクリアする高信頼型ハードディスクの採用など、吟味し選定しております。 そのため、長時間・長期間の安定的な保守サーポート対応が可能になっています。

 

弊社では、専用に実装された「SPAMBlockアプライアンスサーバ」を中心にご紹介をしていますが、実際にご利用になるお客様のニーズに合わせて背景をご説明し、アプライアンスサーバ、クラウド・仮想化環境向けの両方で、SPAMBlockをご提案しています。

 

 

(Vol.29)

------------------------------------------------------------------------------------------------
Copyright(C) 2012,2018、スワットブレインズ 掲載記事の無断転載を禁じます。