スワットカメラ -blog-

スワットカメラにようこそ!!
スワットカメラは、弊社の営業や技術スタッフが、販売店の皆さまやお客様とお仕事させていただいたときの"こぼれ話"を中心に、弊社がある京都での話題などをブログ形式で掲載していきます。
どうぞ、末長くご愛読いただけますようお願いします。

メール誤送信対策とか、ファイルの暗号化とか、色々ありますが。

2012年12月13日

電子メールの誤送信対策や、メールに添付したファイルの自動暗号化など注目されている対策のご相談はたくさんあります。

 

そして、それらを実現する製品も沢山あります。

 

弊社は、safeAttach Evolution システムをご提案しています。

 

safeAttach Evo.が提供する機能は、以下のようになります。

 

  1. メールの送信抑止。
    メールブロック機能と言います。
    例えば、メールの送信時に、送信してはいけないルールを設定することでメール送信を抑止できます。
    相手先のアドレスや、メール件名、To・Ccの設定条件など。
  2. メール保留
    メールの誤送信対策で利用します。
    送信したメールを、一定の指定した時間内送信を止めて保留します。
    保留したことは、メール送信者のアドレス宛に通知されたURLから送信者自身が自分で内容の確認ができます。
    万が一の時には、メール送信者自身がメール送信を削除できます。
    また、ホワイトリストも作成ができます。
    条件に一致した場合は、保留せずにスルーしたメール送信も可能です。
  3. 添付ファイル加工
    添付ファイルを、パスワード付のZIPファイル化変換をします。
    或いは、添付ファイルサイズが一定量以上であれば、自動的に内蔵しているダウンロードサーバに添付ファイルを移動し、メール送信先にダウンロードURLを送信します。
    これらの機能は、相手先やメールの条件に応じて、固定させることもできます。
    さらに、パスワード通知の方法も選択できます。人気の機能としては、添付ファイルが複数あっても、1つのZIPファイルに変換することもできたり、添付ファイル名を元のファイル名以外のランダムなファイル名に変換することも可能です。
  4. 一括Bcc変換
    メールの送付先を指定する中で、To・Ccのアドレス記載内容を設定により、全部Bcc指定に自動的に変換します。
    メールアドレスが漏えいすることも事件の1つになる中で、どうしても見落としがちなTo・Ccのメールアドレス記述をsafeAttach Evo.は救ってくれます。
  5. 複数のルールグループ運用が可能
    上記に紹介した機能は、とても細かい条件を組合わせて運用が可能になります。導入先で「○○だったら、○○にしたい!」というニーズにお応えすることができます。
    しかも、このようなルールの単位を、safeAttach Evo.では、複数作ることができます。
    標準では、5つまで。ご要望があれば、最大100個までの追加も可能です。
    例えば、導入企業先の部門別や、グループ会社別、職制別など複雑なご要望にも対応できます。
    クラウドサービスであれば、サービス提供単位に作ることもできます。
  6. safeAttach の導入形式は自由自在。
    safeAttach Evo.は、ご紹介は専用アプライアンスサーバですが、お客様が運用されている、プラベートクラウド環境や、サービスとして提供されるクラウド環境にも提供できます。
    専用アプライアンスサーバは、ラック1Uサイズの1台で、暗号化も大容量対応のダウンロード化も、両方を対応します。
    さらに、エコ(省エネ)対応サーバや冗長化された搭載ハードディスクなど現代のニーズを1台に集積した理想的なサーバモデルです。
    また、仮想化技術を活用した、クラウド環境にもご提供しています。
    導入目的や、利用機能に応じたご提案を行っております。

 

safeAttach Evolution システムは、現状の電子メール送信環境を変えずセキュリティの向上と、業務効率の改善を実現します。

 

日々の業務の多くを占める電子メールの運用。
僅かな手間の削減も、積み重なると大きなストレスの削減になります。

 

まだ、この手の仕組みを導入されていないのであれば、弊社がご提案するsafeAttach Evolution をご検討ください。

 

**** ご紹介製品 : safeAttach Evolution ←詳しくはコチラから。

 

※Webサイトに掲載していない製品についてはお問合せください。

 

(Vol.72)

------------------------------------------------------------------------------------------------
Copyright(C) 2012,2018、スワットブレインズ 掲載記事の無断転載を禁じます。

LAN Sheet 価格 いくら?

2012年12月10日

弊社のWebサイトを閲覧してくださっている中に、

 

「LANSheet 価格」とか、「LANSheet 値段」など、弊社がご紹介しているLAN Sheet製品について、価格を探している方がとても多いです。

 

LAN Sheet製品”は、ITOKI社が提供している製品です。
定価はありません。オープン価格です。

 

LAN Sheet製品は、ITOKI社の販売されているオフィス家具や什器の取扱い店や、一部、IT機器販売会社様などから提供されています。

 

そのため、お客様がお買い求めになる金額は、その取扱い店や販売会社によって異なります。

 

もし、LAN Sheet製品の導入を検討される上で、価格をお知りになりたいのであれば・・・

 

是非、弊社にお問い合わせください。
担当営業がご案内します。
他社で聞かれたLAN Sheet製品の金額と、是非比べてください。

 

最近は、本当に無線LANの話題が多いです。
現在、無線LANを考えてる。構築しようと思っている。
さらには、これまで無線LANは社内で禁止していたけど、必要に応じた無線LANの環境構築を検討したい。

 

など。

 

さらには、iPadやAndroidタブレットのようなLANケーブルがつながらない、Wi-Fi(無線LAN)が必須になった端末が普及しはじめ会議システムや、スケジュール管理、電子メール利用などから、病院や研究所の機密コンテンツ利用まで利用モデルがある中で

 

「LANにつなぎたい場所を限定する無線LAN環境が必要」

 

という話しを聞きます。
こうなると、単に無線LAN環境を作る話しだけではありません。

 

端末上で稼働させる専用のシステム(ソフト)があり、それを稼働させるサーバやシステム全体の話しに広がります。

 

そのシステムを提供するインフラとして、弊社のLAN Sheet製品は有効です。

 

導入してからも他のサーバやシステム(ソフト)と同様に「製品保守サポート」を提供します。

 

これは、当社のLAN Sheet製品に対するオリジナルメニューです。

 

また、お客様の利用目的や利用場所に合わせた、LAN Sheet製品の効果的な組合せ提案を行っています。

 

LAN Sheet製品は、セットでも構成品に単品でも購入できますが、多彩な組合せが実現できるので、「どう使う?」に応じた構成を見定めることで、無駄に投資をすることが無くなります。

 

弊社では、使い方をお伺いしながらの一番安く導入出来る構成をご提案します。

 

  • LAN Sheet製品のオリジナル保守サポートのご提供
  • LAN Sheet製品の一番安く買う構成のご提案

 

これは、弊社独自の手段になりますので、どうぞご相談ください。

 

**** ご紹介製品 : LAN Sheet ←詳しくはコチラから。

 

※Webサイトに掲載していない製品についてはお問合せください。

 

(Vol.71)

------------------------------------------------------------------------------------------------
Copyright(C) 2012,2018、スワットブレインズ 掲載記事の無断転載を禁じます。

PacketBlackHole のレポート機能が便利になりました

2012年12月7日

現在 PacketBlackHole を運用されているお客様で、月次や週次でレポートを作成されているところも多いかと思います。
PacketBlackHole バージョン 4.4 からレポートの機能が大幅にアップ致しました。

 

以前のバージョンでは、レポートを作成するのに大変時間がかかる、との問い合わせがあり、改善の要望を頂いておりました。
バージョン 4.4 では、「レポート予約」の機能が加わり、レポート作成の度に管理端末で、レポート作成操作を実施する必要がなくなりました。

 

レポートのトップ画面です。
ここで、作成済みレポート と レポート予約 の一覧が表示されます。

 

(※クリックで拡大)

作成済みレポートのレポート名をダブルクリックすると、Web画面で作成済みのレポートが表示されます。
レポート予約で作成済みレポートなので、待ち時間無しで閲覧が可能です。
「csv」の部分をクリックすると、該当レポートを CSV データでダウンロードすることが可能です。
こちらも同様に作成待ち時間無しでダウンロード可能です。

 

レポートの作成画面です。

 

(※クリックで拡大)

 

レポート予約での作成対象は

  • メール
  • Web
  • TCP
  • FTP
  • メッセンジャー

等の指定が可能です。

 

ここでレポートの作成周期を設定します。

 

(※クリックで拡大)

 

レポートは

  • 1回のみ
  • 日次
  • 週次
  • 月次

で作成可能です。

 

既に運用中のお客様も、これからのお客様にもご活用頂きたい機能です。

 

**** ご紹介製品 : PacketBlackHole ←詳しくはコチラから。

 

(Vol.70)

------------------------------------------------------------------------------------------------
Copyright(C) 2012,2018、スワットブレインズ 掲載記事の無断転載を禁じます。