スワットカメラ -blog-

スワットカメラにようこそ!!
スワットカメラは、弊社の営業や技術スタッフが、販売店の皆さまやお客様とお仕事させていただいたときの"こぼれ話"を中心に、弊社がある京都での話題などをブログ形式で掲載していきます。
どうぞ、末長くご愛読いただけますようお願いします。

メール送信者が暗号化処理を自ら選んで利用する運用!

2013年4月1日

電子メールの添付ファイルを、暗号化して送信したり、大容量の添付ファイルをメール受信相手の受信制限を気にせず安全に送ったり、或いは、メール誤送信の対策を考えたりする上で、弊社がご提供している、safeAttach Evolution システムは、非常に効果的です。

 

弊社にいただく話題としても…

 

  • 自動暗号を実施
  • 大容量ファイルをメールで送る操作
  • 誤送信対策

 

は、非常に多いキーワードです。

 

そして、弊社では、safeAttach Evolution システムを中心に、電子メールと電子ファイルの配送ニーズに対して、ご提案をしています。

 

中でも、safeAttach Evolution は、その判りやすさと導入の簡単さ、さらには、国内での利用事例が多く、安心できる製品だとしてご相談をいただいております。

 

さて、そんな中ではありますが、これまでの safeAttach Evo. 製品の利用とは異なるポリシーで、safeAttach Evo. を使っていただくお客様がありました。

 

そのお客様は、国内大手のサービス業企業様です。

 

  • メールの送信者が、添付ファイルに対する保護の重要性や機密性についてセキュリティの認識を忘れ無いように。
  • 事前に相手先とのメール利用に対して、暗号化の方法などが決まっているための対応。
  • 大容量の添付ファイルのニーズについては、従来の制限を倍のサイズに改定する。

 

などが、導入に向けたテーマでした。

 

そして、選ばれた方法としては…

 

safeAttach Evo. のルールでは、添付ファイルの運用について、大容量ファイル(○MB以上)であれば、自動的にダウンロードサーバに格納しダウンロードURLを相手に送付する。
…だけが、レギュラールールになりました。

 

それ以外は、
メール送信者が、メールを作成した段階で、特定の文字列的な識別を追記することで、メールに添付される情報を、システム側でルールに沿った形の暗号化や、小容量ファイルでも強制的にダウンロード化する処理を選べるようにされました。

 

つまり、safeAttach Evo. システムで、全部の自動化処理を実施しないで、メール送信者がそれらの機能を自分で選択できる工夫をされました。

 

これは、新しいアイデアです。

 

メールに添付されるファイルの内容や規模を問わず、メールの宛先に向けて自動的なセキュリティ保護動作を実施するのが、safeAttach Evo. の売りだったのですが、真反対に、それらをメール送信者が自分で選んで運用することになりました。

 

確かに、safeAttach Evo. を導入される前に、全社員が行っていた別の運用方法がある環境でも、大きな混乱を抑えて導入することが出来る。そして、業務に合わせて、必要に応じて、機能を稼働させるので、自然に移行していくことが可能と言える。

 

このアイデアを、実現できたのは、safeAttach Evolution が元々持っている機能を、しっかり把握して理解することがポイントでした。

 

これから長い期間ご利用いただく中で、いずれは全員暗号化と誤送信対策を1つで活用していただきたいです。

 

**** ご紹介製品 : safeAttach Evolution
※Webサイトに掲載していない製品については営業までお問合せください。

 

(Vol.84)

------------------------------------------------------------------------------------------------
Copyright(C) 2012,2018、スワットブレインズ 掲載記事の無断転載を禁じます。

セキュリテイ製品の選択は難しい…けど。

2013年3月11日

インターネットの活用や、ネットワークの利用を推進すると、
様々なシーンで利便性が向上し、仕事や生活にプラスが生まれます。

 

しかし、良く聞く「セキュリティ対策も同時にやらないと心配だ」という
言葉もあります。

 

セキュリティに関係した仕事をしていると、この「セキュリティ」という
言葉が示す事柄には何か決まったものが無いことに気付きます。

 

セキュリティ製品は分野が広く選択が難しいと以前記載しました。
では、どのように選ぶのがいいのでしょうか。

 

 

大切なことがいくつかあります。
まず、『何のリスクを低減したいのか』導入前に決めることです。

 

 

一般的に低減した方がいいリスクはいくつかあります。

でもそれはあくまでも一般的ですべてに当てはまるといったことはないです。
あれもこれもではなく、ここだけは譲れないといった点を明確にすることが大切です。

 

次に、その譲れない点から提案されるシステムに対し、そのシステムの性質とシステムがカバーする点を理解することが必要です。

 

そこを怠ると導入目的とシステムのミスマッチといった導入時のトラブルが発生し、導入される側だけでなく導入の提案をする側としてもつらいです。

 

また、導入後の運用面についても、事前にできるだけ理解しておくことも重要です。
稀に、「こんなに費用が?!」、「こんなはずではなかった」という声を伺い残念に思うことがあります。

 

さらに、最近聞く言葉に「一元管理」「集中管理」というものがあります。
言葉としては、非常に魅力を感じて簡単にはいいますが、実際の現場を見ると運用面ではなかなか難しいものです。
中途半端な管理は実は管理していないのと変わりがないのも確かで、場合によってはコスト高になります。

 

情報セキュリティを実現するために、何をするのか? 何をしたらいいのか?
ITの世界では、どうしても、目に見えない「リスク」に対応するため、分野に専門的な仕掛けが必要になりますが、その仕掛けも1つとは限りません。
導入する既存環境に応じて、運用やポリシーなどと照らし合わせる必要もあります。

 

 

ぜひ、何を解決したいのかをご相談ください。

 

親身なご提案を心がけてまいります。

 

 

**** ご紹介製品 : 製品紹介ページをご覧ください。
※Webサイトに掲載していない製品については営業までお問合せください。

 

 

(Vol.83)

 

 

------------------------------------------------------------------------------------------------
Copyright(C) 2012,2018、スワットブレインズ 掲載記事の無断転載を禁じます。

PacketBlackHoleの当社モデルが一部変更となりました。

2013年3月1日

弊社が提供している、PacketBlackHoleのオリジナルモデルについて、今日からハードウエアの一部仕様が変更になりました。

 

これまで、SWL050004型として、500GBのハードディスクを4本搭載したモデルをご提供してきました。
このモデルを、SWM100004型としてご提供することになりました。

 

変更点は、搭載ハードディスクが、1TBの4本搭載化です。

 

これにより、PacketBlackHoleのデータ処理部分が、一気に倍増!

 

しかし、製品のご提供定価については、旧モデルと変更無し!

 

是非、ご導入をご検討ください。

 

PacketBlackHoleは、ネットワークを流れる通信を全て記録して通信の中身を解析することができますが、近年は、メール監査やWebサイトの閲覧内容チェック、さらには、各諸法の要求に対応するため電子メールや添付ファイルの保存や、ECサイトに対する取引記録の保存など、当局指導に対応する利用が増えています。

 

PacketBlackHoleは、既に10年以上の導入・稼働実績があり、上場大手企業から、省庁自治体、各種学校などにて拡大導入中です。

 

また、長年のご活用をいただき、ハードウエアの保守期限に到達した後も、弊社のPacketBlackHoleオリジナルサーバモデルとシステム構成にて、新サーバモデルに入換え継続利用をご要望いただいております。

 

PacketBlackHoleは、これまでの活用内容から徐々にご期待いただく範囲が増えており、さらに活躍させていただけそうです。

 

もし、まだ導入されていないようでしたら、是非、この機会にPacketBlackHoleの導入と活用をご検討ください。

 

**** ご紹介製品 : PacketBlackHole

 

※Webサイトに掲載していない製品については営業までお問合せください。

 

(Vol.82)

------------------------------------------------------------------------------------------------
Copyright(C) 2012,2018、スワットブレインズ 掲載記事の無断転載を禁じます。