Web Isolation

Web Isolation アプライアンスサーバ 導入構成について

Web Isolationアプライアンスサーバ は、Symantec Web Isolation 製品を、弊社が独自に設計したサーバに実装し提供する 弊社独自のオリジナル製品モデルです。

インターネット上のWEBサイトへアクセスする経路に、WEB-Proxy製品 として設置します。

他のWEB-Proxy製品と同様に、Web Isolation製品へアクセスする端末には、ルート証明書をインストールする必要があります。しかし、もし、既に WEB-Proxy製品が導入されているネットワークに対する追加構成として導入する場合は、ルート証明書の適用が異なる場合があります。(個別にご相談ください)

Web Isolation アプライアンスサーバを設置すると、短期間に安全な環境を構築することが出来るよう、予め必要なスペックをサイジング設計され、クライアント数に応じた提案モデルを準備しています。

Web Isolationアプライアンスサーバ は、導入先のクライアント数に応じてモデルを選択します。

  • スタートアップ環境 (500台以下目安)
    • オールインワンタイプ [ SWW-A001型 ]:1台で全ての機能を提供します。
  • 分散構成環境 (500台以上規模)
    • Managerサーバ [SWW-M001型] と、Proxy&TIEサーバ [SWW-P001型 ]
    • 2つのサーバを希望に応じて分散構成します。

WEBサイト閲覧実施端末数(クライアント数):500以下の環境

  • スタートアップ環境
    • オールインワンタイプ [ SWW-A001型 ]:1台で全ての機能を提供します。
オールインワンタイプ

WEBサイト閲覧実施端末数(クライアント数):501以上の環境

  • 分散構成環境
    • Managerサーバ [SWW-M001型] と、Proxy&TIEサーバ [SWW-P001型 ]
    • 2つのサーバを希望に応じて分散構成します。
    • クライアント数1,000台ごとに、Proxy&TIEサーバを1台追加します。
分散構成環境

「ファイル無害化:Votiro Disarmer」との連携環境

  • Votiro Disarmer製品との連携では、連携設定を Proxy&TIEシステムに行います。
    連携の設定は、標準で提供される仕組みであるため、スムーズに連携出来ます。
  • Votiro Disarmer WS版の導入にあたっては、別途、製品選定が必要です。ご相談ください。
VOTIRO-SDSとの連携環境