パケットブラックホール

基本モデル

モデルベーシックミドルエンタープライズ
No12vPBH(仮想環境向け解析専用ライセンス)については別途お問い合わせください。
製品名PBH-YQ1@NAPBH-WR1a@NA
型名YQ1WR1a-2~
外観キューブ型2U
定価\950,000\2,784,000~
推奨ユーザ規模~50名100名~
データ総量5GB/日10GB/日
保存期間(参考:解析50%)約190日約180日~
データ記憶総量約2TB約3.5TB~
データディスク構成なしRaid1 or 6
ディスクSATASATA
標準添付オリジナルソフトなしなし
保守費用(年額)※1\254,500\569,400~

※1: 保守費用は「センドバック保守対応」の金額となります

  1. PacketBlackHole(PBH)製品のうち、ミドルモデルについては、PBH-WR1aシリーズの取扱いとなります。
  2. PBH-WR1aシリーズの詳細は、開発元情報をご確認下さい。
  3. PBH-WR1aシリーズは、実装するハードディスク本数により、データ記録容量が異なります。
    HDD4TBを、最小の2本から最大12本まで実装することができます。
  4. PBH-WR1aシリーズのモデル選択は、ご相談下さい。お打ち合わせの上ご提案致します。

参考先: PacketBlackHole 開発元製品紹介サイト
http://www.packetblackhole.jp/product/

一番上に戻る

システム追加オプション

No123
製品名/製品型名Packet取得専用機/ WR1c @NAPacket取得専用機/ Probe @NALTO6テープ装置(シングルモデル)/ T6250R @NA
対象全機種全機種全機種
分類サーバ2UサーバHUB型サーバ2U
定価\1,800,000\348,000\1,300,000~
追加オプション利用目的 機能概要パケットデータの取得漏れリスクの回避を目的とする。パケット取得専用。(ハード故障、瞬間的ネットワーク利用負荷増など)2,400GB(600G X 4)(RAID1+0)※実効容量1,200GB パケットデータの取得漏れリスクの回避を目的とする。パケット取得専用。SSD240GB×1 AC100Vアダプタ電源。 PacketBlackHole 本体装置に接続するLTO6形式テープ装置毎夜間にパケットをTapeに書き込みます。デュアルデッキタイプもあります。
保守費用(年額)※1\330,000\226,200\320,000~

※1: 保守費用は「センドバック保守対応」の金額となります

No45
製品名/製品型名LTO5テープ装置/ T3000R LTO5 @NAFTP送信・稼働監視モジュール/ PMS-FTP
分類サーバ2Uソフト
対象全機種全機種
定価\1,100,000\150,000
追加オプション利用目的 機能概要 PacketBlackHole 本体装置に接続するLTO5形式テープ装置毎夜間にパケットをTapeに書き込みます。(LTO3以降のTapeメディア読み込み可能) PBHの内部データをFTPにて外部へバックアップを実現する
※対象はキューブ型のみとなります。ミドルモデルからは、標準搭載となるため購入の必要はありません。
保守費用(年額)※1\150,000\15,000(初年度より)

※1: 保守費用は「センドバック保守対応」の金額となります

一番上に戻る

システムサービス

No123
製品名/製品型名PBHオンサイト保守支援対応/PMS-S01システム稼働監視通知サービス/PMS-S02PBHバックアップテープ対応/PMS-S04
分類サービスサービスサービス
定価別途ご相談(\250,000~)\5,000~/月額別途ご相談
(\4,000~/本)
サービス概要(前提条件など)PBH障害発生時、お客様のご希望により当社技術員が現地にて保守作業を支援対応します。(平日営業日内9~17時の対応が標準。現地までの交通費・出張費・宿泊費の実費を含みます。)弊社にて外部監視を行い動作障害など発生した場合には平日1営業日以内に通知するサービス。LTO2orLTO3orLTO4のTapeメディアでバックアップを取ったデータをLTO5もしくはLTO6にコンバートします。
一番上に戻る

備考

【PacketBlackHole(PBH)基本モデルについて】

  • 推奨ユーザ:インターネットができる端末台数
  • データ記憶総量:機器内部に保存される生パケットデータと解析データの保存領域の総量
  • データ総量:1日あたりに機器内部で保存される生パケットデータと解析データの総量(目安)
  • データディスク構成:機器に実装される、ハードディスクの構成仕様
  • PBH基本モデルの保守更新価格については、次年度以降より発生します。PBHのソフトウエア保守およびハードウエアセンドバック保守費用が含まれています。
  • 製品に関するライセンス及び保守開始日は、納品月翌月1日となっております。
  • ライセンス開始日より1年間は、ハードウエアセンドバック保守サービスとソフトウエアの最新モジュール、及びQA対応が含まれております。
  • 保存期間については参考値でありお客様環境によって変化致します。
  • 大容量取得装置については別途ご相談ください。
  • オンサイト保守サポートのご希望がある場合はご相談ください。(24時間365日、当日オンサイト、翌日オンサイト等)

【PacketBlackHoleシステム追加オプションについて】

  • 保守費用についてはソフトウエア及びハードウエアセンドバック保守が含まれております。

【PacketBlackHoleシステムサービスについて】

  • 導入地域や構成によって変更致します。個別にお問い合わせください。
  • 年額での契約を承っております。PBHシステムから、当社宛にE-mail送信が可能であることが前提となります。
一番上に戻る