MailDepot

プリインストール済管理サーバ 概要

アプライアンスサーバモデル紹介資料(1.2MB)

MailDepot Petit
MailDepot Petit
MailDepot Cube
MailDepot Cube
MailDepot Grand
MailDepot Grand

※仮想化基盤(vSphere、Hyper-V 対応)向け、”仮想アプライアンスサーバ”も提供可能です。

MailDepot Petit(メールデポ・プチ)

MailDepot Petit
  • 卓上サイズ(ラック棚置き)
  • ”500GB領域”の検索機能
  • 1TBディスク搭載
  • 外部バックアップ可能

MailDepot Cube(メールデポ・キューブ)

MailDepot Cube
  • キューブ型
  • ”1TB領域”の検索機能
  • 2TB,4TBディスク x 1
  • 外部バックアップ可能

MailDepot Grand(メールデポ・グラン)

MailDepot Grand
  • 1U・ラックマウント型
    (データセンタラック実装対応)
  • 2TB領域~の検索機能
  • 6TB~18TB容量
  • 外部バックアップ可能

MailDepotアプライアンスサーバ ラインナップ

No外観製品名製品概要価格
1 MailDepot Petit MailDepot Petit
(型名:MP100)
卓上型モデル・AC電源アダプタ
CPU:Intel Atom C2358
メモリ:4GB
HDD:2.5インチS-ATA 1TBx1
オリジナル管理WebUI搭載
499,000円~
センドバック
保守込
2 MailDepot Cube MailDepot Cube
(型名:MP200)
キューブ型モデル・内臓電源(AC)
CPU:インテル Embedded XEON E3-1225v3
メモリ:8GB
HDD:3.5インチS-ATA 1TB or 2TB x1
オリジナル管理WebUI搭載
949,000円~
センドバック
保守込
3 MailDepot Grand MailDepot Grand
(型名:MP300)
1Uモデル・内臓電源(AC)x2(冗長)
CPU:インテル Embedded XEON E3-1275v2
メモリ:16GB
HDD:3.5インチS-ATA 6TB~18TB
  ( 2TBx4, 4TBx4, 6TBx4 : RAID5 )
オリジナル管理WebUI搭載
1,900,000円~
センドバック
保守込
4 仮想アプライアンス
サーバ
(OVF形式又はOVA形式)
MailDepot VMS
(型名:MVS100,MVH100)
仮想基盤:vSphere、Hyper-V 対応
オリジナル管理WebUI搭載
1,500,000円~
  1. MailDepot アプライアンスサーバは、納品時にMailDepotソフトウエアと、標準設定済み。
  2. サーバ機器のハードウエア保守は、センドバック保守が標準で含まれています。
  3. MailDepot アプライアンスサーバは、導入後5年間のハードウエア保守が提供可能です。
    ハードウエア保守の中には、搭載されるハードディスク部品の交換費用が含まれます。
  4. MailDepot アプライアンスサーバ(仮想アプライアンス含む)には、管理者支援用専用Web管理システム「SWAT system management console」が標準搭載されています。
  5. MailDepot アプライアンスサーバ機器の導入時には、お客様メールサーバシステム、ネットワーク側の関連機器の購入・設定変更、必要機器の導入(例えば、スイッチングHUBなどの機器)と構築、及び、クライアント側端末などへの設定作業は、含まれておりません。
  6. MailDepot アプライアンスサーバ機器と関連製品を接続する、ネットワーク機器(HUB等)やLANケーブル、ラックマウント用ナット・ボルトは含まれていません。
  7. MailDepot アプライアンスサーバ機器は、LANケーブルにてお客様ネットワーク環境に設置しますが、全てのネットワーク機器と正常な動作を保証するものではありません。
    接続機器によっては正常に動作しない場合があります。

※本製品に関する仕様、価格などは、2016年7月1日現在となります。予告なく変更となる場合があります。
株式会社SRA、関連ロゴ、MailDepot は、株式会社SRAの商標 または登録商標です。
本製品が搭載する、MailDepot ソフトウエアは、株式会社SRA から提供される製品となります。
また、MailDepot 製品に関する詳細な機能や最新の仕様については、開発元の情報をご確認ください。