• ホーム
新着情報の詳細を表示

OnePointWall アプライアンスサーバモデルの 新型AS-2090 をリリース開始

2016年11月25日

                             2016年11月25日

各位
                       スワットブレインズ株式会社
                          ソリューション営業部


OnePointWall アプライアンスサーバモデル新型 AS-2090型をリリース開始


平素は、格別のお引き立てをいただき、厚く御礼申し上げます。
この度、弊社では、以下の製品の新モデルリリースを行いましたので
ご案内します。


■新モデル対象製品

OnePointWall(ワンポイントウォール)専用アプライアンスサーバ
 型名:AS-2090型


■新モデル改定日

2016年(平成28年)11月25日


■内容

1.OnePointWall専用アプライアンスサーバモデルの最新モデルを
 リリース開始します。
 新モデルは、AS-2090型です。弊社のエンタープライズ向けの
 シリーズモデルとしては、8代目となります。

2.AS-2090型は、OnePointWall製品開発元の性能試験を受けており、その性能は
 国内で導入されるOnePointWall実装サーバの中では、トップレベルの結果を
 残しています。

 ・性能資料 
 http://www.swatbrains.co.jp/docs/20160801_swatAS-2090_throughput.pdf

3.OnePointWallは、インターネット側の出口付近に"透過型"として
 設置されることが多い製品です。そのため、OnePointWallの機能を
 適用することで、通信のボトルネックを招く心配があります。
 しかし、AS-2090型であれば、OnePointWallのルールを有効にした
 状態でも、930Mbits/sec を超えるスループットを実現します。
 OnePointWallの機能を適用しても、ネットワークの通信速度を
 下げることはありません。

4.AS-2090型サーバは、最新のOnePointWall 2.0に最適化設計と
 最適化実装を行っています。アプライアンスサーバとして導入の際に
 簡単設置なだけでは無く、導入後も安心運用していただけます。

5.対策が求められている、標的型攻撃・ランサムウェアなどのマルウエアが
 外部のC&Cサーバと実施する「不正通信」についても検知と遮断が
 可能です。日本向けの攻撃にて使用される日本向け攻撃用のC&Cサーバの
 情報は、国産製品だから出来る新鮮な情報を搭載しています。
 その機能を有効にすることで、標的型攻撃・ランサムウェアの被害を
 極小化することが出来ます。
 最新型のAS-2090型は、この機能を搭載し高いスループットを提供します。


■その他

製品仕様・価格変更に伴うお問合せなどがありましたら弊社担当窓口まで
ご連絡をいただけましたら幸いです。


◆製品紹介サイト
 http://www.swatbrains.co.jp/product/opw/index.html
 本サイトでは、標準版の製品紹介資料、製品新価格表などご確認
 いただけます。


本件について、お問合せなどございましたら、弊社担当営業までご連絡を
いただけますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

【本件に関するお問い合わせ窓口】
 スワットブレインズ株式会社 ソリューション営業部
 Tel: 075-211-9480
 Email: sales@swatbrains.co.jp

※本製品に関する仕様、価格などは、2016年11月現在となります。
 予告なく変更となる場合があります。

本製品が搭載する、OnePointWallソフトウエアは、
ネットエージェント株式会社 から提供される製品となります。
(http://www.onepointwall.jp/ )
また、OnePointWall 製品に関する詳細な機能や仕様については
弊社の製品紹介サイト 又は、開発元の情報をご確認ください。