• ホーム
新着情報の詳細を表示

VOTIRO-SDS (ファイル無害化)専用サーバを新発売

2016年09月30日


                             2016年9月30日

各位
                       スワットブレインズ株式会社
                          ソリューション営業部


 最新型・電子ファイル”無害化”製品
「VOTIRO Secure Data Sanitization 搭載済専用サーバモデル」を新発売


平素は、格別のお引き立てをいただき、厚く御礼申し上げます。
この度、弊社では、電子ファイルの無害化(サニタイズ処理)処理を実現する
VOTIRO Secure Data Sanitization製品の取扱いを開始いたしました。
同時に、弊社独自の専用実装済サーバ製品として、VOTIRO Secure Data Sanitization
搭載済専用サーバモデルを新発売することになりました。

 昨今、標的型攻撃が増加しており、多くの組織が攻撃の危険にさら
されています。
標的型攻撃の多くは、巧妙な方法で正規のメールを装うことによって、
端末でマルウェアを感染させ、機密情報を持ち出そうとします。
マルウェアのソースコードは、インターネット等から簡単に入手でき、カスタマイズする
ことも可能なため、多くのマルウェアが誕生しています。
このことから、従来の「パターンマッチング」に依存するセキュリティ対策は
限界にきているとともに、組織においてマルウェア対策が急務となっています。

 VOTIRO Secure Data Sanitization(VOTIRO-SDS)は、電子ファイルが
マルウェアを含んでいる「可能性」を重視し、メールの添付ファイル、
Web経由のダウンロードファイル等をサニタイズ(無害化)するマルウェア
対策製品です。

一般的にエクスプロイト(脆弱性を利用した攻撃をするためのスクリプトや
プログラム)やマルウェアはファイルのメタデータや空ビットスペース、
マクロの中に潜んでいます。
VOTIRO-SDSは、これらのデータをチェック、ファイルに不要なデータ部分を
削除、あるいは意味のない情報に書き換えることで、攻撃用の実行ファイルを
削除します。

VOTIRO-SDSは悪意の有無にかかわらず、すべての対象ファイルをサニタイズ
するため、シグネチャの存在しない未知の攻撃も防御すると同時に、
パターンファイルの更新や誤検知からの解放をも実現します。すなわち、
メール添付ファイルや持ち込みファイルなどに潜むマルウェアをすべて
無害化することにより、巧妙な標的型攻撃による情報漏えいを防ぎます。

 スワットブレインズが提供する「VOTIRO-SDS 搭載済サーバモデル」は
VOTIRO-SDS ファイルサーバ連携版 を搭載した専用サーバモデルです。
 自治体様などにおいて対策が急がれる
「電子ファイルの無害化ニーズにお応えの出来る製品」
として、”指名”される製品となっているVOTIRO-SDS導入を強力に支援します。


 弊社では、VOTIRO-SDS 製品を簡単に導入出来るモデルとして、搭載済
専用サーバモデルを新たに開発し、導入環境やニーズに合わせ選択出来る
スタイルでご提供します。


=============  ご案内  ================

◆発売開始   2016年10月 3日
◆出荷開始   2016年11月 1日(予定)

◆VOTIRO-SDS搭載済専用サーバモデル(標準) (モデルタイプ/型名/記録容量)

 1.Votiro SDS File AE 1 Core 搭載型:SWS-VOT-FILE01
 2.Votiro SDS File AE 2 Core 搭載型:SWS-VOT-FILE02
 3.Votiro SDS File AE 4 Core 搭載型:SWS-VOT-FILE04 ほか

 ※Flowサーバオプション搭載モデルもご提案します。


◆VOTIRO-SDS搭載済専用サーバモデルの特長

 1.VOTIRO-SDS File AE ファイルサーバ連携版を、仮想化技術を活用し
  1Uサイズのサーバに実装しています。
 2.VOTIRO-SDS 製品のライセンスに連携したサーバモデルを提供します。
 3.製品価格には、VOTIRO-SDS搭載ソフトウエア、専用サーバ、初年度の
  ソフトウエア・ハードウエア保守の費用が含まれています。
  (オールインワンプライス提供)
 4.1Uサーバで冗長化された電源、RAID6構成された内蔵ディスク構成により
  安定したシステム運用を実現しています。
 5.既存のファイルサーバと連携設定を実施するだけで、短期間での
  VOTIRO-SDS製品の導入が可能になります。
 6.VOTIRO-SDS製品導入のための新たなシステム設計と実装、動作検証を
  削減できるため、コストを抑えた導入が可能になります。
 7.搭載済専用サーバは1-Core~6-Coreまでのライセンス搭載モデルまで
  共通したサーバモデルとなります。
  もし、Core数を後から追加する場合でもハードウエアの買い直しは
  必要ありません。

 ※VOTIRO-SDS File AE ファイルサーバ連携版専用のサーバモデルです。
  VOTIRO-SDS for E-mail (メールサーバ連携)、VOTIRO-SDS Web Service
   (Webシステム連携) は搭載できません。

 ※VOTIRO-SDS 製品は、ソフトウエアとしての提供も可能です。

◆VOTIRO-SDS搭載済専用サーバモデル 販売価格

 Votiro SDS File AE 1 Core 搭載型(SWS-VOT-FILE01) 定価 4,490,000円 より

 ※詳細は、製品紹介サイトをご覧ください。

◆製品紹介サイト
 http://www.swatbrains.co.jp/votiro.html

 本サイトでは、製品紹介資料、製品価格表などご確認いただけます。

◆プレスリリース
 ご案内記事
http://www.swatbrains.co.jp/docs/20160930_press-VOTIRO-SDS-Server.pdf

本件について、お問合せなどございましたら、弊社担当営業までご連絡を
いただけますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

【本件に関するお問い合わせ窓口】
 スワットブレインズ株式会社 ソリューション営業部
 Tel: 075-211-9480
 Email: sales@swatbrains.co.jp

※本製品に関する仕様、価格などは、2016年9月現在となります。
 予告なく変更となる場合があります。

本製品が搭載する、VOTIRO Secure Data Sanitizationソフトウエアは、
株式会社アズジェント から提供される製品となります。
( https://www.asgent.co.jp/ )
また、VOTIRO Secure Data Sanitization 製品に関する詳細な機能や
仕様については、開発元の情報をご確認ください。